寝袋(シュラフ)の選びかた

寝袋は機能、目的、大きさなどを考えて選びましょう キャンプ

宿泊キャンプを予定している場合、キャンプグッズをどれから準備したらいいか、いろいろ迷いますよね。

最近では、どのキャンプ場もレンタルグッズが充実しているので、ほとんどすべてレンタルできる「手ぶらプラン」を利用すれば、自分で用意する必要がないので準備が少しラクです。

とはいえ、レンタルグッズがたくさんある場合は、どのテントを選ぶのか、どのグリルを借りるのか、何を借りる必要があるのか、など事前に考えることになります。まずは基本のセットを試してみて、その次に自分の好みを探していく、というスタイルがいいと思います。

キャンプグッズ、最初に用意するのは寝袋!

さて、キャンプ道具をすべてレンタルする場合でも、ぜひ購入を検討してみてほしいものがあります。それは、寝袋(シュラフ・スリーピングバッグ)です。

キャンプで様々なアクティビティを楽しんだとしても、夜、心地よくぐっすり眠れなければ、また次に行きたい!と思う気持ちが半減します。

キャンプする場所によって、夜の気温は異なりますし、人によって、眠るときの快適な温度も異なります。

直接肌に触れるものだから、寝袋をレンタルするのは気になる、という方もいらっしゃるかもしれません。

テントや調理道具よりも、まずはじめに、寝袋の購入を検討してみてください。

寝袋の選びかた

寝袋(シュラフ)を選ぶときは、次の4つのポイントを意識しておきましょう。

寝袋の型

大きく分けて「封筒型」と「マミー型」の2種類があります。

封筒型

封筒のように筒になっているタイプ。開けば1枚の大きな布として使えます。
同じ商品をつなげることができるタイプもあるので、広げて使えばファミリーで使いやすい。
暑い場所でのキャンプにおすすめ。

マミー型

袋になっていて、1人ずつ入るタイプ。封筒型に比べて、保温性の高さが特徴。
マミー型の場合、化繊タイプとダウンタイプがあります。
化繊は水に強く保存しやすい、ダウンは小さく軽くコンパクトで保温性が高いですが、水に弱いという特性があります。

温度帯

寝袋には個々に利用最適な気温の設定があります。
利用する場所の標高や季節にもよりますが、自分の好みの温度帯を選ぶことで、暑すぎず寒すぎず快適な寝心地を得られます。

目的

キャンプで使うのか、登山で使うのか、家族で使うのか、など、よく使う目的を考えてみましょう。

大きさ(サイズ)

自分に合ったサイズを選びましょう。

子どもが使う場合は、ダウンやブランケットなどを中に入れて、空気の層が冷えないように工夫しましょう。

オススメの寝袋(シュラフ)

暑い場所でのキャンプなら、低価格の寝袋でもそれほど心配ありません。
寒さが気になるときは、金額よりも機能を重視して選びましょう。

~5,000円

バンドック封筒型シュラフは、連結できるからいろいろな使い方ができて便利。

BUNDOK(バンドック) 封筒型シュラフ 夏用 15度 連結可能 ブルー×ベージュ BDK-30

~10,000円

コールマンのキッズマミーは、小学生の子どもが扱いやすい設計で、使いやすいサイズです。

Coleman(コールマン) キッズマミー アジャスタブル/C4 ネイビー 2000027270

~20,000円

スナグパックは、軍用規格で丈夫だから安心して使えます。

【送料無料】Snugpak(スナグパック) ソフティー エリート2 レフトジップ オリーブ SP10135OL

~それ以上

モンベルの山岳用ダウンハガーは、コンパクトに収納できて温かさも安心。

mont-bellモンベル シームレスダウンハガー800 #5(3℃-8℃)BLRI青1121402 アウトドア キャンプ・登山 寝袋 シュラフ SLEEPINGBAGスリーピングバッグ・快適 ダウン 軽量コンパクト 夏用

動画で紹介

寝袋(シュラフ)の選びかたを動画で公開しています。参考にしてみてください。

ニコハルアウトドア

タイトルとURLをコピーしました